時間を無駄にしない方法7選!TimeCrowd活用で無駄をなくす方法も紹介

時間を無駄にしない方法があったら、今すぐ取り入れたいと思う人も多いのではないでしょうか。効率的に作業できたら、仕事のストレスも少なくなってプライベートも充実できることでしょう。しかし、「時間の無駄なんてあるかな…」「どうしたら時間の無駄がなくなるかわからない」という人もいるはずです。

 

そこで今回は、発生しがちな無駄な時間例から時間を無駄にしない方法まで大公開します。自分の無駄な時間を把握して、効率アップできる方法を本記事でみつけてみましょう。

 

発生しがちな無駄な時間例

時間を無駄にしている原因を把握していないと、効率よく時間を使えません。まずは発生しがちな無駄な時間の例をチェックし、自分の行動を振り返ってみましょう。

 

朝起きてダラダラする

寝起きでついついスマホをいじったり、テレビの情報をダラダラ流し見したりなど、身に覚えがある人もいるのではないでしょうか。とくにやることを決めていなければ、起きてすぐに体はなかなか動かせないものです。「いつの間にか出かける時間!」になること、しばしばあるかもしれません。

 

SNSやネットをついつい見てしまう

SNSやインターネットを見ていて「時間を無駄にしてしまった…」と感じた人もいることでしょう。SNSや動画のコンテンツが充実した現代では、日常的にチェックしている人は少なくありません。しかし、面白いからといってずっと見ていれば、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

オン・オフが切り替えられえていない

とくに在宅ワークやテレワークでありがちなのが、オン・オフが切り替えられていないということ。プライベートと仕事の境目があいまいだと、作業に集中するまでに時間がかかります。「少しだけ休憩するつもりだったのに…」と無駄な時間を過ごして、後悔したことがある人も多いのではないのでしょうか。

 

失敗やショックをいつまでも引きずる

失敗やショックを引きずる傾向がある人は、時間を無駄にしてしまうことも多いです。失敗を受け止めることは大事ですが、いつまでも落ち込んでいたら仕事に身が入りません。しかも、失敗を引きずるだけで改善しようと行動に移せなければ成長も見込めず、無駄な時間を過ごすことになる可能性が高いです。

 

時間を無駄にしない方法7選

「時間を上手に使いたい」と思うなら、行動に移していきましょう。ここでは、時間を無駄にしない方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

無駄な時間を把握する

時間を無駄にしたくないなら、自分が無駄にしている時間を把握しましょう。たとえば朝の時間を無駄にしているのに、夜の行動を改めていては改善できません。そのため、自分の無駄な時間を把握して、適切なアクションを起こすことがポイントです。

 

「スマホをいじりすぎている」「ゲームに夢中になってしまった」など、改める時間の使い方がないか、今一度確認してみてください。

 

タスクを洗い出す

1日にやるべきこと・仕事を洗い出すことは、時間を無駄にしないために有効です。自分のするべきことがわかっていれば、「これをしないといけないから、朝は〇時までに準備しよう」というように計画的に動くことができます。

 

前日や週ごとなどわかりやすい単位で、自分のタスクをメモやパソコンのデータに洗い出しておきましょう。

 

タスクに優先順位をつける

自分がやるべきタスクを洗い出したら、優先順位をつけて整理しましょう。優先順位をつけると、タスクを洗い出すだけよりも自分のすべきこと・順序が明確になり、効率よく行動できるようになります。

 

また、優先順位が高い仕事を後回しにすると、「あの仕事が残ってる…」などとストレスになるものです。優先順位を明確にして重要度が高いものからこなしていくと、仕事に対するストレスがグッと軽減し、時間を無駄にせずに作業できます。

 

休憩時間をきっちり設定しておく

とくに在宅勤務やテレワークの場合は、休憩時間をきっちり設定することで、時間の無駄を減らすことができます。在宅などプライベートの空間で仕事をしていると、テレビやスマホなど誘惑が多く、「ちょっと休憩するつもりが…」と時間を無駄にしてしまう可能性があります。

 

しかし、集中力はずっと続くものではないので適度な休憩は必要です。「1つのタスクを終えたら30分休憩する」「集中できなくなったら10分休憩を入れる」など、自分の作業に合った時間を設定して休憩を取るようにしましょう。

 

メリハリをつけて仕事に取り組むことで、より効率的に作業に取りかかることができます。

 

次の日にすることの下準備をしておく

前日に次の日にすることの下準備をしておくと、スムーズに作業に取りかかることができます。たとえば、次の日に資料を作成する場合、必要な情報を収集するところから始めるのは大変です。しかし、資料を集めておけば次の日は資料作りから始めることができるので、気持ち的に楽になり、作業に入りやすくなります。

 

つまり、前日に次の日の準備をあらかじめ行っておくことで、「やらないと…」という精神的負担を軽減でき、結果的に時間の無駄をなくすことが可能です。とくに作業に取りかかるまでに時間がかかっている人は、効率アップできる可能性があるので試してみてはいかがでしょう。

 

Not To Doリストを作成・実践する

Not To Doリストを作成・実践することでも、時間の無駄を減らせる可能性があります。Not To Doリストとは、自分のしたくないこと・やる必要がないことをリスト化したものです。

 

Not To Doリストを作成すると、自分にとって不要な作業を手放すことができます。たとえば、「休憩時間は作業しない」とリストに上げた場合、休憩時間に仕事を持ち込まないためにはどうするかを考え、行動することが必要です。結果的に不要な作業を見直すことは、結果的に作業効率アップに繋がり、時間を無駄にせずに済みます。

 

「また時間を無駄にした…」と思うことが多い人は、無駄な作業を行っている可能性があるので、Not To Doリストを作成して自分の仕事のあり方を見直してみましょう。

 

時間を見える化する

時間を見える化するということは、時間を無駄にしない方法として有効です。自分の行った作業時間をグラフなどでパッと見てわかるようにすると、「この作業に時間がかかりすぎかも」というように問題点がわかりやすくなります。

 

問題点に気づき、定期的に改善を行っていけば、作業効率が上がり時間の無駄を減らすことが可能です。エクセルや時間管理ツールなどを活用して、自分の作業時間を見える化してみましょう。とくにTimeCrowdなどの時間管理ツールは、手間なく時間を見える化でき、「無駄な作業にならないかな…」と不安に感じる人でも導入しやすいのでおすすめです。

 

TimeCrowdを活用した時間を無駄にしない方法3選

 

TimeCrowdは、時間の見える化に特化した時間管理ツールです。そのため、時間を無駄にしない方法を模索するにも有効活用できます。

個人で使用する場合は無料で、パソコンだけでなくアプリもあり、使い勝手が良いのも魅力です。ここでは、TimeCrowdを活用した時間を無駄にしない方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

時間・タスクを見える化する

TimeCrowdを活用すると、時間やタスクを簡単に見える化できます。時間を無駄にしない方法の1つが、時間を見える化すること。TimeCrowdはブラウザやchrome拡張、スマホアプリから手間なく時間を記録し、データをグラフ化できます。

 

カラーでタスクを分類し、何に時間がかかっているかがパッと見て理解することが可能です。

 

時間の使い方を見直しする

TimeCrowdで時間やタスクを見える化したら、時間の使い方の見直しもスムーズに行えます。グラフを見れば、自分の作業にかかった時間が一目瞭然。「この作業に時間がかかり過ぎているな」といった問題点がすぐに明確になります。

 

詳しいデータ分析ができる分、時間の無駄を省きやすくなるでしょう。

 

時間の使い方を同僚や上司と共有する

TimeCrowdは、個人でも利用できますが、同僚や上司など他の人と共有することも可能です。チームで作業時間を共有して時間の使い方を見直すことで、自分では気づかなかった時間の無駄に気づけることがあります。

 

チームはオーナーが招待URLをメンバーに送るだけで簡単に作成でき、データ共有が可能です。TimeCrowdを使えば自分1人では無駄な時間がわからない人でも、新たな気づきが生まれて効率アップが叶う可能性があります。

 

時間を無駄にしない方法を実践して効率よく仕事しよう

時間の無駄にしないためには、まず自分の時間の使い方や不必要な習慣に気づくことが必要です。自分の無駄な時間を理解して、適切な方法を行っていけば効率よく仕事ができてより充実した生活が送れます。

 

時間の無駄に気づくためにも、削減するためにもおすすめなのがTimeCrowdという時間管理ツールです。無料の試用期間が2週間あり、気軽に使用感や活用方法を確かめられるので、まずはTimeCrowdの活用から時間を無駄にしない方法を探してみてはいかがでしょうか。

TimeCrowdに戻る