時間の使い方が下手な自分から脱却する方法7選!時間を上手く使うには?

「時間の使い方が下手…」と感じるということは、毎日時間に追われていませんか?時間に追われると心に余裕がなくなりますし、仕事もプライベートも楽しめませんよね。しかし、意識や行動を変えることで、時間の使い方を上手にすることは可能です。

 

今回の記事では、時間の使い方が下手な自分から脱却する方法を大公開。時間の使い方が下手と感じる人におすすめの、時間管理ツールの機能もご紹介します。時間の使い方を改善させたいと考える人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

時間の使い方が下手な人と上手な人の違い

「いつの間にか時間が過ぎていた」「時間のやり繰りがいつも上手くいかない」というような人がいる一方で、時間を有効活用できる人もいます。まずは、時間の使い方が下手な人と上手な人の違いをチェックしてみましょう。

 

判断力にかける・決断が速い

時間の使い方が下手な人は、判断力に欠けています。食品1つ買うにも悩んだり、仕事で決断を求められてもすぐに決められなかったりなど、悩む時間によって無駄な時間を過ごしてしまうのです。

 

一方、時間の使い方が上手な人は、決断を求められたシーンで状況や条件を見極めつつ潔く判断をします。決断が速いからこそ、仕事でも効率よく動くことが可能です。

 

自分のことを理解していない・把握している

自分の置かれた状況や能力を理解していないということも、時間の使い方が下手な人の特徴です。たとえば、任された仕事に対して、時間の使い方が下手な人は「自分がするとどれくらい時間がかかるのか」ということがわかっていません。そのため、後から「時間がない!」とあたふたしたり、期日通りに仕上げられなかったりしてしまうのです。

 

しかし、時間の使い方が上手な人は、自分の状況や能力を把握しています。そのため、「これは時間がかかるから早めに取りかかっておこう」と考え、時間を上手くやり繰りできるのです。

 

優先順位がわからない・理解し行動する

時間の使い方が下手な人は、物事の優先順位をつけられません。その時の気分で決めたり、考えることすらしなかったりします。優先順位がわかっていないので、「常に納期ギリギリに仕上げる」「気が付いたら約束の時間直前でバタバタする」といった事態に追い込まれてしまうことが多いです。

 

時間の使い方が上手な人は、優先順位を考える習慣が身についています。想定外の仕事が入ってきたときでも、「今あるタスクなら、これを優先して取りかかろう」と状況に合わせて判断し、行動することが可能です。

 

朝起きるのが苦手・朝活している

時間の使い方が下手な人の中には、朝起きるのが苦手な人もいます。朝起きてもぼーっとしたり、スマホやテレビをみながらダラダラしたりしがちです。

 

しかし、朝は集中力や記憶力を高めやすい時間帯といわれています。時間の使い方が上手な人は、朝の時間を有効活用しているからこそ、トータルで見ても時間を上手に使えるのでしょう。

 

ついダラダラしてしまう・スキマ時間も有効活用する

仕事に取り掛かろうと思いながらスマホをいじって、気づいたら時間が過ぎていた…といったことに身に覚えがある人は要注意。なにかにつけてダラダラする癖がついていると、時間を上手に使えません。

 

時間の使い方が上手な人は、ちょっとしたスキマ時間も有効に使います。数分でもトータルすると数時間。その時間を有効に使うことができているので、仕事にもプライベートにも余裕があります。

 

時間の使い方が下手な自分から脱却する方法7選

「時間を上手に使いたい」と思っているなら、行動に移していきましょう。ここでは、時間を上手に使えるようになるための方法をご紹介します。自分に合った方法を見つけて、積極的に取り入れてみてください。

 

1日のスケジュールを立てる

時間の使い方が下手だと自分で感じているなら、1日のスケジュールを立てるところからはじめてみましょう。常に時間に追われているのは、やるべきことを把握しきれていないことが原因かもしれません。

 

前日や当日の朝には、1日のやるべき予定や業務を洗い出してみてください。タスクが明確になっていれば、「今日は仕事が詰まっているから効率よくやっていかないと」と意識も変わってくるでしょう。

 

逆算して考える習慣をつける

逆算して考える習慣をつけられれば、時間を上手に使えるようになります。たとえば、タスクの締め切りが当日15時までの場合。逆算すると「このタスクを15時に終わらせるには10時にははじめておかないと」というように、自然と時間の割り振りが見えてきます。

 

この習慣を身につけることができれば、時間に追われる日常を変えることが可能です。スケジュールを組む場合にも使える思考なので、ぜひ試してみてください。

 

行うべきことはすぐに行う

行うべきことはすぐに行うようにすると、余裕が出てくるはずです。どうしても行わないといけないことを後回しにしていると、「やらなきゃ…」と精神的負担が常にあります。さらに、時間に余裕がない中で行わなければいけないとなると大変です。

 

絶対に行わなければいけないことは、できるだけ早く取りかかって終わらせるようにすると、心にゆとりが生まれます。その分時間にも余裕ができ、用事や仕事もスムーズに取り組むことが可能です。で

 

スキマ時間を使う

時間の使い方が下手な人は、スキマ時間がなにかの作業に使えないか考えてみましょう。たとえば、以下のようにスキマ時間の使い道は意外と多いです。

 

  • 移動時間 →「スキルアップや好きなことの勉強」「読書」
  • 電車の待ち時間 →「LINEやメールのチェック・返信」「ニュースやSNSのチェック」
  • 予定と予定の合間の空き時間 →「細かい場所の掃除」「スケジュールの見直し「時間の使い方の改善点を分析・リサーチ」

 

スキマ時間にやるべきことをコツコツ行っていけば、時間を上手に使えている実感と共に自分に自信がつきます。

 

スマホやテレビを見る時間を決める

スマホやテレビは気軽に見られる分、見る時間が伸びてしまうことも多いです。時間を上手に使うためにも、スマホやテレビを見る時間を決めてみましょう。

 

「スマホは食後の30分のみ」「テレビは1日〇時間まで」と決めたら、きっちり守ります。守っていくうちに時間に余裕ができたことを実感し、時間の使い方に対する意識も変わってくるはずです。

 

計画通りできたか定期的に見直す

スケジュールを立てて、時間を上手に使えるように行動する中で、見直しの時間を必ず持つようにしましょう。定期的に見直すことで、自分が計画通りできているか、またもっと改善できる点はないかを確認することができます。

 

3日に1度や1週間など自分で設定した期間ごとに、見直す時間を取りましょう。見直しを繰り返していくうちに、時間の使い方が改善されていき、仕事に追われたり精神的に余裕がなかったりすることもなくなっていくでしょう。

 

時間管理ツールを使う

時間を上手に使いたいなら、時間管理ツールを使うのも有効です。時間管理ツールは、文字通り時間を管理するのに使えて、自分の時間を客観的に捉えることができます。

 

たとえば、TimeCrowdという時間管理ツールは、在宅勤務・テレワーク対応のツールですが、時間の見える化に特化しています。そのため、個人的に時間の使い方を見直すためにも利用でき、どの作業にどれだけ時間を使っているか、無駄な時間はないかを分析しやすいです。

 

時間管理ツールを取り入れて時間の使い方を見直すことで、上手に使う方法が見つかるようになり、仕事に追われる罪悪感から解放されていくことでしょう。

 

時間の使い方が下手な人におすすめのTimeCrowdの機能

先述したTimeCrowdは、時間の使い方が下手と感じる人にもおすすめの機能が備わっています。しかも個人なら無料で、パソコンでもスマホでも利用可能なのもポイント。これから、TimeCrowdの使える機能をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

簡単ログイン・記録

TimeCrowdは、ログインも記録も簡単ステップでできます。Googleアカウントをお持ちなら、そのアカウントを使って利用可能。もちろん、G suite を利用の場合も同様です。

 

また、記録もブラウザやスマホアプリから簡単にできます。chrome拡張を利用すると、タスクの名前を入力する必要がなく、開いているページ名で記録可能。最短1ステップで記録できて、より簡単なのが嬉しいポイントです。

 

ログインや記録に手間取ることがないので、時間の使い方が下手と感じている人も導入しやすいでしょう。

 

時間を見える化する

TimeCrowdを活用すれば、時間の見える化も簡単です。記録しているデータは、期間やメンバーなどを選択して適宜データ化されます。CSVエクスポート機能を使うと、全データの取得も可能。余計な負担を感じることなく、時間の使い方の見直しや、問題点を見つけるために活用できます。

 

ツールと連携

SlackやGoogleカレンダーなど他のツールと連携できるのも、TimeCrowdの魅力です。SlackのWedhookを利用して作業履歴を通知したり、Googleカレンダーと連携で記録したアプリを表示させたりできます。ツールと連携させることにより、より時間を上手に使うことが可能です。

 

時間の使い方が下手な自分を卒業しよう!

時間の使い方が下手な自分を変えることは、意外と難しくありません。自分の時間の使い方を見直して、適した改善方法を実践していけば、心に余裕が生まれます。

 

仕事もプライベートも充実させるためにも、今一度自分の時間の使い方を見直してみましょう。その際に使えるのが、時間を簡単に見える化できるTimeCrowdという時間管理ツール。2週間の無料試用期間で全ての機能を試せるので、気軽にはじめてみてはいかがでしょうか。

 

TimeCrowdに戻る