仕事がはかどらない時の対処法

毎日仕事をしていると、「今日は気持ちが乗らない」「なんだかやる気がでない」という日もたまにはありますよね。

リモートワーカーの私も、「なんだか今日は仕事がはかどらない」と感じてしまう日があります。会社で働いていたころは、同僚とコミュニケーションをとる中で励まされたり、休憩時間にお茶を飲んで気分転換したりして、再度集中して仕事を行うことができていました。しかし、リモートワークの場合は、周りに同僚がいないので、自分で対処しなければいけません。

今回は仕事がはかどらない原因や、対処法を考えてみたいと思います。

仕事がはかどらない原因はなに?

仕事がはかどらない時とはどのような状態なのかを自分なりに考えてみました。大きく分けて以下の2つが考えられます。

① 体や心の疲れが溜まっている
② 仕事が煮詰まっている

①のように、体と心の一方が疲れている時は、仕事がはかどらないことが多いですよね。そして、体と心は連動しているので、どちらかに疲れが溜まり調子が悪い時には、もう一方にも不調が出てきてしまいます。たとえば、精神的に疲れていると、よく眠れなくて体調が悪くなったり、頭痛がしたりなど、体にも悪影響が出てきますよね。

そして、精神的に疲れている時はどうしても物事に対するモチベーションも下がってしまいがちです。モチベーションが下がると仕事は当然はかどりません。もちろんその逆も然りで、体調が悪いと集中力や判断力が下がるので、仕事がはかどらなくなってしまいます。

②の「仕事が煮詰まりはかどらない」ということも、誰でも経験があるのではないでしょうか。「やる気はあるのに、上手くいかない」「いいアイデアが湧いてこない」などという状態です。こういう時は休憩や気分転換をすると、再び仕事に戻ったときには集中することができ、行き詰っていた部分をすんなりクリアできることが多いですよね。

仕事がはかどらない時に深刻なのは、①の中でも心が疲れている状態。少し休憩をとったくらいでは簡単に気分転換できない状態になってしまった場合です。

「3つのR」を実施し、疲れを溜め込まないようにしよう!

心が疲れていて、モチベーションも下がっている状態では一向に仕事がはかどりません。そういう事態にならないためには、日頃から体と心の疲れを溜めこまないことが大切です。その方法として参考になるのが、杏林大学医学部の古賀良彦教授がストレスケアに必要だと提唱している、「3つのR」です。

「3つのR」とは、

①Rest (睡眠などで脳と体を休ませること)
②Relaxation (音楽やアロマなどでリラックスすること)
③Recreation (楽しいことをするなど体や心を活性化すること)

です。

大げさなものだと毎日実践できないので、この3つで簡単ですぐに始められるものをいくつか考えておくとよいそうです。

一人でも簡単にできる「R」は色々あります。

・仕事の合間の休憩においしい紅茶を気分で選んで飲む(Rest、Relaxation)
・少し凝った夕食を作ってみる(Recreation)
・香りのよい入浴剤を使って見る(Relaxation)
・趣味の楽器を弾く、スポーツをする(Recreation)

などなど、これらの「R」を実践するためのさまざまなパターンを用意し、積極的に毎日取り入れることで、心の疲れが溜まりづらくなるそうです。

さいごに

リモートワークの働き方が私は好きです。しかし、リモートワークでは、会社で働いていた時のように、気軽に同僚に話しかけたり、顔色をみて声を掛け合い励まし合ったりする環境はありません。

私が所属するHELP YOUには、リモートワーカー同士、チャットなどで仕事の相談をしたり、励まし合ったりできる環境はあります。しかし私の場合、人と直接会って話すことが好きなので一日中リモートワークをして、家族以外の誰とも直接話さない日は少しさびしいです。直接人と会い話す機会を積極的に作ることが、私にとってのRecreationだなと感じました。

一週間に一度は友達と遊びに行ったり、仲間と一緒に趣味の楽器演奏をしたりして、心の活性化をしていきたいと感じました。

皆さんも自分に合う「3つのR」の方法を色々考えてみてください!

 

TimeCrowdに戻る