チョコレートで賢くなれる?!食生活で仕事の効率を上げられる可能性

仕事や勉強で疲れると、休憩しながら甘いものをつまみたくなりますよね。チョコレートは記憶力や集中力を上げる効果があるとどこかで聞き、受験勉強のときによく口にしていた記憶もあります。実際、そういう効果は本当にあるのでしょうか?記憶力や集中力が向上すれば、時間の有効活用にも役立ちます。チョコレートは時間の有効活用に役に立つのか、気になったので調べてみました。

チョコレートを食べる正当性の調査

Appetiteが2016年に出版した記事で、チョコレートを少なくとも週に1回食べる人とそうでない人を比較した調査結果が発表されました。

1970年代に、心理学者であるMerrill Elias氏は、ニューヨークに住むおよそ1000人を対象に調査を行いました。当初この調査の目的は、血圧と脳の機能の関連性を調べることでした。しかし2000年代に入ってから、この調査の参加者に、改めて食生活に関する調査を行いました。

その調査結果をもとに、2001年から2006年にかけて、the University of South Australia南オーストラリア大学の栄養学研究者Georgina Crichton氏らがチョコレートが脳の働きに及ぼす影響を調べました。

その結果、認知機能テストの点数を比較すると、少なくとも週に1回チョコレートを食べた人と、それよりも少ない頻度でチョコレートを食べた人との間に大きな差が見られました。

チョコレートは記憶力向上の役に立つ?調査の結果

この結果が示すのは、チョコレートを少なくとも週に1回食べた人は、それよりも少ない頻度で食べた人に比べて、日常の細かなタスクを上手くこなすことができるということです。

例えば、電話番号や、買い物のリストを覚えることなどといった単純な記憶力が良くなります。単純な記憶力が高まることは、こういった日常生活の場面だけでなく、ビジネスシーンでも役に立ちますね。

さらに、運転をしながら話すなど、一度に2つのことを同時進行することも上手くできるようになるそうです。ビジネスシーンでは、会議中にメモをとったりすることも、より効率的にできるようになりそうですね。

また、その後の調査で、賢い人がもともとチョコレートをたくさん食べる傾向にあるということではなく、チョコレートを食べることによってこれらの結果が得られるということが証明されました。

チョコレート以外で摂取がおすすめのものは?

ポイントとなる成分は、フラバン-3-オール(カテキンなどに含まれる成分)ということがわかりました。この成分は、お茶やカカオに含まれています。したがって、チョコレートだけがこれらの効果をもたらすわけではなく、他の、フラバン-3-オールの含まれる食品で摂取する方法もあります。

例えば、2009年に行われた調査では、参加者に多量のフラバン-3-オールが含まれたホットココアを飲んでもらったところ、暗算の速度が飛躍的に上がったそうです。また、2014年に行われた調査では、ココアをよく飲む食生活を送った人は、老後、痴呆などの認知機能の低下を避けることができるということもわかりました。

これらの結果から、チョコレートやココアを摂取することは、記憶力の向上などをはじめとする、頭の回転が良くなるような良い効果をもたらすことがわかりました。

しかし、ほどほどの量を摂取することが大切です。例えば、チョコレートをバランスの取れた健康的な食事と置き換えるくらいたくさん食べるといったことはしてはいけないそうです。

まとめ

チョコレートやココアを程よく接種することで、日常的に必要な記憶力を高めることができ、老後の痴呆などの認知機能の低下を避けることもできるということがわかりました。

受験勉強の合間にチョコレートを食べることは、良い効果があるということです。また、日常生活やビジネスシーンにおいては、記憶力が高まり作業の効率も上がります。
ぜひ、チョコレートやココアをほどよく接種して、時間の有効活用に役立ててみてください。

参考サイト

https://www.telegraph.co.uk/news/health/news/12187042/Chocolate-makes-you-smarter-study-suggests.html

 

 

TimeCrowdに戻る